mersyの釣り日記

3号縛りでエギング!アオリイカを調査!

どーも、今日も平和なmersyです。

 

朝が肌寒く感じるようになってきましたね。

季節は秋ということで、いつエギングに本腰を入れるか悩ましいところですが、昨晩は調査がてらエギングに行ってきました!

 

巷の情報ではまだアオリは小さいみたいで、今年は数が少ないのか渋めとのこと。

 

資源確保のため小さいアオリは釣りたくないので今回は3号縛りで。

 

前回の釣行はコチラ⬇️⬇️ 

negakarin.hatenadiary.com

 

サイズはいかに!?

ポイント&コンディション

ポイント:富山県西部

風:西の風2m

波:0.5m、うねりあり

濁り:少し

水温:24℃

潮:長潮若潮

月齢:9.1

釣行時間:22時〜25時

タックル

Rod:YAMAGA Blanks BlueCurrent 85/TZ NANO All-Range

Reel:Daiwa 16セルテート 2510PE-H

PE:KUREHA シーガーPE X8 200m 0.8号

Leader:モーリス シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30m 16lb

釣行内容

県西部の漁港ポイントに到着してゆーきさんと合流。

 

いろいろたべりながら堤防を歩いているとスミ跡がいくつかある。

 

どのスミ跡もミニアオリっぽい感じ。

 

ロックフィッシュ狙いに変更することも考慮してロッドはエギングロッドを使わずにブルーカレントのオールレンジで挑む。

 

エギ3号をキャストしてシャクリを入れて探る。

 

開始早々、横でロックフィッシュをやっていたゆーきさんがキジハタを釣り上げた。

 

色が濃い個体でカニを吐き出していた。

 

 

イカパンチらしきあたりは何度かあるものの、乗らない。

 

小さくまだ3号は抱けないのか時間だけが過ぎていく。

 

立ち位置を変えてシャクっていると、フォール中に指にかけたラインのテンションがフワっと抜けてイカのあたり!

 

 

やっときたかー!?

 

 

合わせるもフッキングせず…。

 

あー、もったいない…( ˟o˟ )

 

気を取り直して更に立ち位置を変えながら竿を振り続ける。

 

着水着底後、細かいシャクリを連続で入れているとグンっと重くなりグングンイカの引き!

 

 

ギダー♪♪

 

 

釣れたのは、

 

f:id:papatam93:20210917220445j:image


スポンサーリンク
 

胴長13cmほどのアオリイカ

 

しゃくり合わせになってしまった。

ちゃんとあたりとって釣りたかったな。

 

とりあえず3号を抱くサイズにまで成長している個体がいることがわかった。

 

その後はゆーきさんがコウイカを釣り上げるも自分は撃沈。

 

時計を見ると1時を回っていたので終了。

 

駐車場に向かって歩いていると岸壁際に胴長10cmほどのアオリイカが泳いでいた。

 

あと1、2週間もすればいいサイズのアオリが釣れ出すかな。

 

フッキングには至らなかったものの、あたりは思っていたよりもたくさんあったので、これからが楽しみ。

 

次はあたりをとって釣りたいな。

 

今回はこの辺で、ではまた〜!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

秋のロックフィッシュゲーム!ついでにアオリを調査!

どーも、コロナ関連で色々とあり、久々のブログ更新となってしまったmersyです。

 

釣りに行けない日々が続いてましたが、昨晩キジハタ狙いで夜釣りへ行ってきました。

 

前回の釣行はコチラ⬇️⬇️ 

negakarin.hatenadiary.com

 

久しぶりの釣行、結果はいかに!?

ポイント&コンディション

ポイント:富山県中央部

風:なし

波:なし

濁り:なし

水温:24℃

潮:中潮

月齢:3.1

釣行時間:22時〜24時

タックル

Rod:YAMAGA Blanks BlueCurrent 85/TZ NANO All-Range

Reel:Daiwa 16セルテート 2510PE-H

PE:KUREHA シーガーPE X8 200m 0.8号

Leader:モーリス シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30m 16lb

釣行内容

どシャローゴロタ場のいつものポイントに到着すると誰もいない。

 

『みんなアオリ狙いだからかな?』と思いながらテキサスリグ7gバグアンツをセットしてキャスト!

 

ポイント貸し切り状態なので横に移動しながら探っていく。

 

小さいあたりはあるが、マメサイズなのか、なかなかフッキングしない。

 

テンポよく打っていくと、トンっとまたあたりがあり、そのままゆっくり巻いているとトトントトンっと追いかけてくる。

 

タイミングを見計らって軽く合わせを入れるとグンっと重みがのった!

 

 

ギダー♪♪

 

 

キツめに締めたドラグが少し鳴って、マメサイズではなさそう!

 

 

リールをゴリ巻して潜る隙を与えず、抜き上げ!

 

 

釣れたのは…

 

 

f:id:papatam93:20210911203138j:image

 

いいサイズのキジハタ!!

 

サイズを測定してみると、

 

f:id:papatam93:20210911203212j:image


スポンサーリンク
 

31cmの良型!!

血抜きしてストリンガーに通し、キープ。

 

その後はフロートで上からゆっくりワームを落とす作戦に変更!

 

シャローフリーク 15.0gのFシステムに1gジグヘッド&熟成バグアンツを遠投。

 

毎投あたりはあって釣れるっちゃ釣れるものの…

 

f:id:papatam93:20210911204508j:image

キジハタ約20cm

 

f:id:papatam93:20210911204550j:image

アラカブ約17cm

 

f:id:papatam93:20210911204622j:image

キジハタ約20cm

 

f:id:papatam93:20210911204644j:image

アラカブ約18cm

 

f:id:papatam93:20210911205653j:image

アラカブ約16cm

 

f:id:papatam93:20210911205752j:image

アラカブ約19cm

 

f:id:papatam93:20210911205839j:image

キジハタ約19cm

 

小さい個体ばかり…。

 

フロートのあたりの感覚は面白くて楽しいけど40cmオーバー級の大物はHITせず。

 

次の日は仕事ということで終了。

 

帰りに漁港に立ち寄り、アオリ調査をしてみた。

 

一投目でHIT!

 

f:id:papatam93:20210911210358j:image

 

うーん、まだまだ小さいですね。

 

リリースするとシューっと元気に帰っていきました。

 

巷ではアオリは例年より渋いという噂ですが、今年はどうですかねー。

 

年々アオリの個体数が減っている気がするし、将来的には漁業権がかけられたりする日がくるかもしれません。

 

個人的には小さいアオリはリリースするよう心がけています。

 

アオリの個体数が激減した県もあるらしいので、富山県がそうならないように祈るばかりです。

 

今回はこの辺で、ではまた!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

磯の王者イシダイを食す!!

どーも、腕の日焼けがハンパないmersyです。

 

今回は料理編ということで、イシダイをお造りにしてみました!

 

f:id:papatam93:20210830115131j:image

 

磯の王者ともいわれるイシダイですが、塩焼きは身が硬くなってしまうため調理法としては不向きらしいです。

 

突果記事はコチラ⬇️⬇️

negakarin.hatenadiary.com 

イシダイのお造り

①  ウロコを取り、頭を落とし、三枚おろしにする。

 

②  上肋骨が何本かあるので、上肋骨に沿って包丁をいれ、上肋骨と肋骨を切り除く。

 

③  皮をひき、さくにする。

f:id:papatam93:20210830122008j:image

割と綺麗にさく取りできたのではないかと思います。

脂がのりすぎていて、手や包丁がギトギト!

 

④  1口サイズに斜めに切って皿に盛り付ける。

f:id:papatam93:20210830181843j:image


スポンサーリンク
 

完成!!

 

今回は時間がなかったので、皿にのせただけの雑な仕上がりとなっております。笑

 

しかしながら、身のテカりを見てわかると思いますが、とにかく脂がすんごい!

お造り&茶漬け 実食!

わさび醤油で食べてみると、ブリのようなサクサクっとした歯ごたえで、脂が甘くてめちゃくちゃ美味い

 

イシダイのお造り…最高です

 

子供たちもたくさん食べてくれました。

 

〆にお茶漬けも作ってみました。

鯛茶漬けならぬ石鯛茶漬け。

 

f:id:papatam93:20210830182919j:image

 

湯を注ぐと…

 

f:id:papatam93:20210830182942j:image

 

脂が浮いてきて、見た目完璧です!

 

食べてみると、身が柔らかくなり、これもまた美味い

 

茶漬けにする時は、身を薄く切るか、濃いめの出汁がオススメ。

 

晩酌の〆には最高です(^^)

 

海の恵みに感謝!

 

余談ですが、イシダイの内臓はかなり臭いのです。

 

放置すると周辺の匂いが大変なことになるので注意!笑

 

以上、料理編でした!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

スピア遠征!巨大魚と遭遇…突けるか!?

どーも、髭を永久脱毛しようか悩んでいるmersyです。

 

8月27日はスピアフィッシングに行ってきました。

 

f:id:papatam93:20210828145818j:image

 

前回の突果記事はコチラ⬇️⬇️

negakarin.hatenadiary.com

 

さて、今回はどんな魚に出会えるのでしょう!

コンディション

風:南西の風2m

波:0.3m

濁り:少し

水温:26℃

潮:中潮

装備品

ウェットスーツ:GULL  ロングジョンGULL タッパー

フィン:GULL スーパーミューフィン

マスク:GULL マンティス5

ウエイト:4kgウエイト

ダイブ内容

家から1時間ほど車を走らせてポイントへ。

 

釣りに行こうかスピアに行こうか迷いましたが、密を避け、対人を避けれるのはどっちかなと考えた結果スピアに。

 

釣りは日中は他の釣り人と会うリスクがありますが、スピアなら潜ればひとりですからね。笑

 

今回のポイントは50mほど沖に岩礁帯があって水深もある所。

 

準備して海に入ると、潮が速く体が流される。

 

ずっと水中を見ているとどれだけ流されたらわからなくなるので、水面から顔を出しエントリーした場所を確認しながら魚を探す。

 

岩の間にメジナの群れを発見!

 

追っていくと今度はシマダイの群れに遭遇!

 

1番大きい個体を狙って放つとHIT

 

突きどころははあまり良くなかったが、28cmほどのシマダイをGET

 

ハサミでエラを切り、血抜きしてストリンガーにキープ。

 

ちなみにシマダイは地方の呼び名らしく、正式名称はイシダイ。

 

これも地方によるが、イシダイの幼魚のことをシマダイ、若魚のことをサンバソウ、成魚のことをイシダイ、老魚のことをクチクロと呼ぶそうな。

 

25cmから40cmまでが成魚として取り扱われるらしいのでGETしたの成魚かな。

 

その後もイシダイを4匹(37cm、30cm、26cm、22cm)GET

 

イムリミットの時間が迫ってきて、最後にもう1匹突きたいなーと魚を探していると、イシダイの群れの中に一際大きなイシダイを発見!

 

見た目は50〜60cmで体半分が黒みがかっている。

 

間違いなくクロクチ!

 

岩に体を添わせながらゆっくり近づき、射程距離に入ってくるのを待つが、警戒心が強いのかなかなか近づいてくれない。

 

イムリミットの時間まで探して続けるもなかなか現れてくれず、結局銛を放つことすら出来なかった。

 

もう少し長い銛なら突けたかな。

 

今回GETした魚たちはコチラ!

f:id:papatam93:20210829050413j:image


スポンサーリンク
 

 

クロクチは次回リベンジだな。

 

ちなみにキジハタやカサゴは1匹もいませんでした。

シーズン終盤かな?

 

今回はこの辺で〜、ではまた!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

姿造りに塩焼き!キジハタを食す!!

どーも、漫画ザ・ ファブルが面白くてハマってしまったmersyです。

 

今回は料理編ということで、キジハタを姿造りにしてみました!

 

f:id:papatam93:20210826193339j:plain

 

今シーズン初の40cmアップの個体ということで豪華にね。

 

釣行の様子はコチラ⬇️⬇️

negakarin.hatenadiary.com

キジハタの姿造り

1、頭を切り落とさずに中骨まで包丁を入れて、身を切り離す。

ここで胸びれと腹びれの有無を決める。今回は両方切り落として、ひれ周りの身を塩焼きにする。

 

2、身は刺身を作る要領で皮をひき、斜めに切る。身は半分刺身、半分炙りにする。

 

3、炙りは皮目をバーナーでパリッとするまで炙る。炙ったらすぐに氷水に入れて身を締める。

 

4、1口大に皮目から切る。

 

5、皿に頭付きの骨を置いて、つま、大葉を盛り、見栄え良く刺身と炙りを盛り付ける。

 

f:id:papatam93:20210826183709j:image


スポンサーリンク
 

完成!!

 

我ながら豪華な感じに仕上がったのではないかと思います。

 

今回は胸びれと腹びれを切り落としましたが、残すと立体感が出る感じに仕上がりそうですね。

刺身、炙り 実食!

子供は初めて姿造りを見たわけですが、頭や骨を見てどんな魚の刺身なのか知れるって意味ではいいと思います。

 

ただ、頭や目を触ったりして食事に集中できなくなるのは否めませんでしたね。笑

 

わさび醤油でまずは刺身を1口食べてみると、臭みがなく、上品な旨さ

 

子供もたくさん食べてくれました!

 

炙りの方も1口。

 

皮はコリコリって感じの歯ごたえで刺身とはまたひと味違う旨さ!

 

炙りはわさび醤油より生姜醤油が合いますね。

 

高級魚だけあって最高に美味でした!

塩焼き 実食!

胸びれと腹びれは塩焼きにしました。

 

f:id:papatam93:20210826185613j:image

 

塩をふってオーブンで焼いただけですが、めちゃくちゃ美味そうです。

 

食べてみると、脂がのっていて身が甘い

 

皮もめちゃくちゃ旨みがあって、身と一緒に食べると最高!

 

あっという間になくなりました。

 

 

キジハタはまだまだシーズンが続くので、また大物を狙いたいと思います!

 

ぼちぼちアオリも始まりし、泳がせ釣りでヒラメやタコなど忙しくなりますが。笑

 

以上、料理編でした!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ベイトはなんだ?キジハタの胃袋調査!

どーも、業務スーパーで気になるチーズケーキを発見して即買いしてしまったmersyです。

 

f:id:papatam93:20210824192954j:image

 

半冷凍で食べると美味いチーズケーキになんとストロベリー味が…。絶対美味いやつやん!

 

これは買うしかないでしょー!ってことで普通のチーズケーキとこれを大人買い。笑

 

食べてみると、

『んーん…不味くはないが、個人的には普通のチーズケーキの方が好きかな…。』

 

ということで冒険したのを後悔したある日の出来事でした。

 

 

さて、今回は久々の胃袋調査編です。

f:id:papatam93:20210824231713j:image

※毎度のことながらグロ画像がありますので注意してください!

 

 

今回捌くキジハタが釣れた釣行記事はコチラ⬇️⬇️

negakarin.hatenadiary.com

 

さぁ、何を捕食しているのでしょうか!

 

まずはウロコを取って、内臓を丁寧に取り除きます。

 

特に胃袋は絶対に傷つけないように慎重に。

 

胃袋に気を使って内臓を取り出しながら、いつも思うのは一種の変態だなってこと。笑

 

それが釣りに繋がるなら変態でもいいんですけどね(^^)

 

取り出した胃袋はコチラ。

 

f:id:papatam93:20210824222320j:image

 

綺麗ですねー。

 

しかしながら、膨らみがなく、何も入っていないように見えます。

 

何ヶ月か前に釣ったキジハタは、胃袋パンパンで中から小さいタコが出てきた時はさすがにビックリしましたが、さて今回はどうでしょうか。

 

ハサミで開いてみると、

 

f:id:papatam93:20210824222746j:image


スポンサーリンク
 

やはり捕食物は少なく、小魚のみでした!

 

何の稚魚でしょうか?よくわかりませんが、まだ原型を留めているので捕食して間もないのでしょう。

 

ちなみにHITしたワームはバグアンツ。

 

胃袋の中はカニなどのクロー系のベイトは入っておらず、小魚のみ。

 

やはりキジハタの偏食性はわかりませんね。

 

キジハタにとってベイトとなる生物が多いこの時期は、産卵期ってこともあり、捕食できそうなもの全てにアタックしてくるのかもしれません。

 

大事なのはワームの形状などではなく、いかに自然に見せるかってことなのかな。

 

以上、胃袋調査編でした!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ジジジーっ!重すぎー!○○cmオーバーのアイツが釣れた!

どーも、我慢ならず釣りに行ってしまったmersyです。

 

8月20日、短時間釣行でキジハタ狙いで夜釣りへ。

 

前回の釣行はコチラ⬇️⬇️ 

negakarin.hatenadiary.com

 

短時間で結果を出せるか!?

ポイント&コンディション

ポイント:富山県東部

風:なし

波:なし

濁り:なし

水温:26℃

潮:大潮

月齢:12.5

釣行時間:22時〜23時

タックル

Rod:YAMAGA Blanks BlueCurrent 85/TZ NANO All-Range

Reel:Daiwa 16セルテート 2510PE-H

PE:KUREHA シーガーPE X8 200m 0.8号

Leader:モーリス シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30m 16lb

釣行内容

密や対人を避けるため、コンビニにも寄らず、絶対に人が来ないであろうポイントへ。

 

現場に着くと案の定、人はいない。

 

過去このポイントは家から車で1時間かかるが、他のアングラーに出会したことは1度もない秘境みたいな所。

 

ささっと準備して、海へ。

 

まずはテキサスリグ14gバグアンツをセットしてキャスト!

 

2投目。

 

着底してリフト&フォールで誘っていると、リールが巻けなくなり、根掛かりのような感覚。

 

強引に巻くと、ググググーっと走り出した。

 

 

ギダー♪♪

 

 

かなりの重量!

 

 

引き的にマゴチか?

 

 

キツめに締めたドラグもジジっ!ジジっ!と鳴る。

 

 

リールをゴリ巻して寄せるも全然浮いてこない。

 

 

途中、根に潜られそうになりながらもラインテンションを緩めないように応戦する。

 

 

観念したのか最後はすんなり寄ってきて、砂利浜にずり上げる!

 

 

釣れたのは…

 

 

f:id:papatam93:20210822185123j:image

 

ブリンブリンに太ったキジハタ!!

 

2投目で本命登場!

 

見るからにデカい!

サイズを測定してみると、

 

f:id:papatam93:20210822185343j:image


スポンサーリンク
 

40オーバー♪♪

やっちまった…しかも2投目で…さすが秘境。

 

血抜きしてキープし、時間がないので熟成アクア リングマックスに変更してキャストすると、アラカブHIT

 

f:id:papatam93:20210822190121j:image

 

リリースしてタイムリミットの時間となったので終了。

 

今シーズン初の40オーバーがこのタイミングで釣れるとはね…。

 

釣りは何が起こるかわかりませんね。

 

 

今回は短時間釣行でマスク着用の上、誰にも会わないことを条件に行ってきました。(ワクチンは2回接種済み)

 

のんびりと何も考えずに釣りができる日がくるのはいつになることやら。

 

今回はこの辺で、ではまた!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

夜釣りの恐怖体験トップ3!

どーも、富山県はコロナ警戒レベルステージ3に移行し、釣りに行けなくなってしまったmersyです。

 

自粛に伴い、泳がせ釣りの仕掛けやキジハタ用ルアーを家でちまちまと作っている訳ですが、釣りに行けないとやはりストレスが溜まります。

 

当分の間は我慢ですねー。

 

 

さて、お盆も終わりということで今回は夜釣りで実際にあった恐怖体験について書きたいと思います。

 

私は週3〜4は夜釣りに行っていますが、誰もいないはずなのにビュンっと竿を振る音やうめき声ような音を聞くことがあります。

 

もう慣れてしまって今では「またか…」とスルーしていますが、スルーできない恐怖体験もいくつかありました。

 

その内のトップ3を紹介します。

 

f:id:papatam93:20210818235909j:image

 

ちなみに私は霊感は全くありません。

 

夜釣りによく行く方や怖がりな方は読まないほうがいいかも…。

第3位 男の笑った顔…

去年の夏、ロックフィッシュ狙いでテトラポイントに入り、午前0時を回って車で帰宅していた時のこと。

 

この日はボウズで何をやってもあたりひとつありませんでした。

 

ボウズだった日は帰宅の道中、運転しながら「なんで釣れなかったのかな」とか、「あのポイントに入っていたら釣れていたかな」とか、自分の頭の中でいろいろ考えながら帰るのですが、この日はどうも静かというか、考えられないというか、言い表せない妙な雰囲気でした。

 

交差点の信号が赤から青に変わり、右折した時、後ろに気配を感じました。

 

霊感のない私としては初めての感覚で「お化けが見れるかも!」というワクワク感もあり、ルームミラーで後ろを見て見ると、

 

後部座席のヘッドレストの上辺りにオレンジ色の笑った男の顔が…。

 

f:id:papatam93:20210818194534j:image

※画像はイメージです。なので女の人の画像になってますが、あくまでイメージです。笑

 

もう一度ルームミラーを見た時には消えていました。

 

ワクワク感がゾクゾク感に変わり、背筋が凍り、急いで家に帰りました。

 

なぜ笑っていたのか、なぜオレンジ色だったのか、謎だらけでしたが、ここまではっきりと見えたのは初めてでした。

 

この体験以降、夜釣りの帰りはルームミラーを極力見ないようにしています。笑

第2位 ポツンと置かれたクーラーボックス…

一昨年の5月ごろ、県西部の漁港ポイントに親アオリを狙いに行った時のこと。

 

ポイントに到着したのは23時半ごろだったと思います。

 

駐車場に車を停めて、スミ跡を確認しながら堤防の先端に向かって歩いていました。

 

駐車場には他の車は1台もなく、堤防には釣り人は誰もいませんでした。

 

堤防先端の灯台まで残り5mほどのところでクーラーボックスがポツンと置いてあるのを発見しました。

 

f:id:papatam93:20210818210735j:image

※画像はイメージです。

 

周りを見渡しても誰もいませんでした。

 

「誰のかな?忘れ物かな?」

 

気にせずに灯台をぐるっと1周して、ふとクーラーボックスを見てみると、

 

…ない。

 

確かに置いてあったはずのクーラーボックスがなくなっていました。

 

時間にして15秒ほど。

 

堤防上には帰って行く人もいませんし、再度周りを見渡しても見ても、やはり誰もいません。

 

海面にライトを照らしてみましたが、クーラーボックスらしき物は見当たりません。

 

怖くなり、この日は釣りをせずに帰りました。

 

もし、あのクーラーボックスを開けていたら…。

第1位 髪の毛の束…

今年の春、メバル狙いで県中央部のポイントに入った時のこと。

 

駐車場には車がちらほら停まっていて、23時過ぎに釣りを開始して1時頃に終了しました。

 

この日は何匹か釣れたものの、持ち帰りサイズは釣れませんでした。

 

車のリアハッチを開けて片付けを済ませ、運転席に乗り込もうとした時、フロアマットの上に黒いものが落ちていました。

 

よく見ると、黒い髪の毛の束…。

 

f:id:papatam93:20210818214801j:image

※画像はイメージです。


スポンサーリンク
 

長さは約20cmほどで、黒い髪の女性は私の身の回りにはいませんし、もちろん車に乗せた記憶もありません。

 

気持ち悪いので、すぐに車から出して帰宅しました。

 

次の日、身内に不幸が…。

 

あの髪の毛の束は何を暗示していたのかわかりませんが、身内の不幸に何か関係があったのかもしれません。

 

 

以上、恐怖体験トップ3でした。

 

信じるか信じないかはあなた次第ですが、全て実話です。

 

頻繁に夜釣りに行っていたら、何かしら不思議な体験はあると思いますが、私だけでしょうか?

 

しかしながら、1番怖かったのはフナムシが首まで登ってきたことですけどね。笑

 

夜の海は何が起こるかわかりませんので、ライフジャケットは必ず着用しましょう!

 

ではまた!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

泳がせ釣りでフィッシュイーターを狙う!

どーも、オリンピックが閉幕し、日々多くの感動をもらいましたが、その中でも女子バスケの銀メダルが最も印象に残っているmersyです。

 

8月11日は泳がせ釣りに行ってきました!

 

前回の釣行はコチラ⬇️⬇️

negakarin.hatenadiary.com

 

どんなフィッシュイーターが釣れるのか!

ポイント&コンディション

ポイント:富山県中央部の湾内

風:北の風1m

波:なし

濁り:少し

水温:29℃

潮:中潮

釣行時間:11時〜14時半

タックル

Rod:シルバーウルフMX 72L-S

Reel:Daiwa 16セルテート 2510PE-H

PE:KUREHA シーガーPE X8 200m 0.8号

Leader:モーリス シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30m 16lb

釣行内容

ポイントに到着するとけっこうな釣り人。

 

まずは小アジをサビキで狙う。

 

撒き餌をすると寄ってはくるものの、サビキにはなかなか食い付いてくれない。

 

なんとか3匹確保して、泳がせスタート。

 

今回は鼻にシングルフック、背中にトレブルフックの2本針仕掛けを使う。

 

軽く投げてあたりを待っていると、竿先が微妙に動いた。

 

ドラグを締めて合わせを入れるタイミングを見計らって、合わせるも乗らず。

 

小アジは頭だけになっていた。

 

何かフィッシュイーターがいるみたいだ。

 

アジを変えてあたりのあった方向にキャスト!

 

小アジの確保をしながらじっくりと待つ。

 

すると、また竿先が動いて、今度はさっきより合わせを遅らせてみる。

 

泳がせ釣りはこの合わせる瞬間がたまらなく面白い!

 

ドラグを締めて、大きく合わせると今度は重みが乗った!

 

 

ギダー♪♪

 

 

期待してリールを巻くも、生体反応はあるものの軽い。

 

 

釣れたのは、

 

f:id:papatam93:20210812135209j:image


スポンサーリンク
 

 20cmほどのアオハタ!!

 

何気に初魚種で嬉しいけどリリースサイズ。

 

14時ごろになると小アジが全く釣れなくなったので終了。

 

 

泳がせ釣りは何がHITするかわからないし、バケモン級のサイズが釣れることもあり、ロマンの塊のような釣りで個人的には大好きな釣り方。

 

今回は小アジを確保するのに苦戦したけど、これは泳がせ釣りではよくあること。

 

8月末くらいになれば小アジも少し大きくなってもっと釣れやすくなるはずなので、これからが楽しみだ。

 

時間があればまた泳がせ行きたいと思います。

 

今回はこの辺で、ではまた!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

スピアフィッシング!!

どーも、オリンピック観戦によりブログをサボり気味なmersyです。

 

昨日は釣りではなく、スピアフィッシングに行ってきました。

 

前回の突果はこちら。

f:id:papatam93:20210808140234j:image

 

30cmほどのイシガキダイと25cmほどのシマダイが獲れました!

 

さて、今回はどんな魚に出会えるのでしょう!

コンディション

風:北の風1.5m

波:0.3m

濁り:なし

水温:30℃

潮:大潮

装備品

ウェットスーツ:GULL スキン ロングジョン

フィン:GULL スーパーミューフィン

マスク:GULL マンティス5

ウエイト:4kgウエイト

ダイブ内容

本題に入る前にスピアフィッシングのことを少し。

 

f:id:papatam93:20210808224401j:image

 

スピアフィッシングは私の場合、魚を獲るのが第1の目的ですが、併せて魚が集まりやすい所や根掛かりしそうな所をチェックして釣りに役立てています。

 

実際に潜って魚を見ると、釣りに役立つことがたくさんあるですよね。

 

例えばカサゴは岩の中に隠れているのかと思われがちですが、日中は岩の際の砂上にいることが多いです。

 

キスも岩や根の際の砂上に複数います。

 

安全を確保するために即座に身を隠すことができるところに居着いているのではないかと思います。

 

これを釣りに生かすとするならば、リールを巻いていてルアーや重りが砂地から岩に当たった感覚は竿から伝わってくると思いますが、当たった感覚があったところがHITポイントになるということです。

 

砂地と岩の際でリールを止めてやれば食ってくる可能性が高く、効率よく釣ることができるのではないかと思います。

 

私自身、ロックフィッシュを狙う時には岩に当たった感覚があればリールを止めて誘ったりしますが、止めた後の間合いで食ってくることが多く実証済みですので是非やってみてください!

 

 

前置きはこの辺にして、本題に入りましょう!

 

今回のポイントは一昨年12月に尺メバルが釣れたポイント。

 

海に入ると潮がかなり早く、身体が流され苦戦。

 

流れに逆らうように泳いで身体の位置を維持しながら魚を探します。

 

地形は岩や根が点在していて、潮通しがいいのか魚影は豊富。

 

海底まで潜り、小さなスズメダイの群れを眺めていると、岩陰からシマダイが現れたので狙いを定めて打つとHIT!!

 

大きなチヌやイシガキダイにも遭遇しましたが、警戒しているのか射程距離には入ってきませんでした。

 

更に潮の流れが早くなり、戻りながら魚を探すとチヌに遭遇。

 

狙いを定めて打つとHIT!!

 

血抜きしていると、土砂降りの雨になって退散しました。

 

今回の突果はコチラ!

f:id:papatam93:20210808223239j:image


スポンサーリンク
 

 

チヌは水の中では大きく見えましたが、実際は小さくて反省。

 

もう少しおかずを確保したかったですが、雨がなかなか止まず風も強くなってきたので終了。

 

地形を見てみたいポイントはたくさんあるので、また行こうと思います。

 

今回はこの辺で〜、ではまた!

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

貴方のポチッと!がブログ運営の大きな活力になります!

よろしければ是非⬇️⬇️

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


スポンサーリンク